骨董・古美術の買取りなら、本郷で40年の実績 本郷骨董美術館

0120-518-100
お問い合わせ

金銀プラチナダイヤ 買取強化月間

金銀プラチナダイヤ 買取強化月間

本郷美術骨董館 買取価格
K24 4,922円 / 1g(参考価格:相場により変動いたします)

当店の買取価格は「本日の金相場」に「美術品価値」を上乗せします。

なぜ金は今売り時なのか?

まず当館に一番、金・地金を買いにくるお客さんが多いインド人。
インドでは、古くから金には「魔よけ」の力があるとの宗教観念があることに加え、換金性が良い事から財産としても金の宝飾品等を保有する伝統があり、結婚・嫁入りの時は花嫁の親が花婿への持参金(嫁入り道具)として金宝飾品を持たせる風習が残っています。それに加え、近年の経済発展により購買力が増し、世界的に輸入量が伸びています。 日本は偽物が少ない上、精巧で芸術的な細工物が多い割に割安という理由で買いに来ます。
次に多いのが台湾人。台湾は現在、周知のとおり、国際的に不安定な位置付けにあります。独立国ではないし、中国でもない。また、国民の6割が英語・中国語・日本語を話せ、何かあったら世界中どこでも移り住み、どこでも換金できる金・地金を持っていようという風習があります。
次に中国人。中国人が金・地金が好きなのは昔から有名ですが、近年は株や不動産のバブル崩壊が影響しています。それに加え、通貨・人民元への不安・リスク分散・安定資産へのシフトといった動機がある様です。

なぜ本郷美術骨董館なのか?

通常、貴金属買取店、質屋、リサイクルショップなどで換金はできます。
しかし、地金の買取価格(金相場×重量)となります。
本郷美術骨董館では、日本、中国、香港、台湾などのコレクターや美術商のネットワークがあり、
地金の価値プラス、美術品としての価値や希少価値を上乗せする事で高い買取価格をご提示させて頂いております。

金の美術工芸品って?

大判、小判、金貨、仏像、観音像、宝船、五重塔
金瓶、湯沸、茶入
などです。

銀の美術工芸品って?

銀そのものは金に比べればはるかに安い材質になります。
しかしながら銀細工の湯沸などは美術品として人気が高く、 高価買取が可能なものもあります。

買取例

純金瓶 1200グラム
(例)1,200g×4,600円=5,520,000+美術品価値(7%)386,400=5,906,400円

※ 1グラム4,922円の価格となります。

※ 大判、小判、金貨、銀貨は地金価値よりも、プレミア価格の方が高い事があります。

本郷美術骨董館は査定料、手数料ともに無料です。

大判、小判、金貨は鑑定機関の鑑定書が必要なケースがございます。

0120−518−100 までお気軽に、ご相談、お問い合わせ下さい。

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定

メールフォーム

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定:0120-518-100
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定

支店一覧

  • 東大赤門前本店
  • 世田谷支店
  • 札幌支店
  • 神戸芦屋支店
  • 九州支店
  • テレビで紹介されました。
  • 無料鑑定
  • 代表染谷尚人の鑑定ファイル
  • 会員専用ページ
  • 士業の方へ
  • 委託販売のご案内
  • ブレイク前夜 次世代の芸術家たち
  • TBSラジオ「赤坂鑑定会」
  • FMヨコハマ吉村民の鑑定日記
  • 本郷美術骨董館のfacebook
  • 探せ!お宝!鑑定ラジオ
  • カフェラウンジ ボンアート