コラム

怖い怖い「不用品買い取ります」の話

同居していた父親が亡くなり、四十九日を終えた花子(63歳)は、相続の手続きや遺産のもめごとから、しばらく解放されて一段落していた。
しかし、お昼寝もままならない。日中は相変わらず電話が鳴り響く。
 
「0120」は出ないようにしていたが、「080」からだと、一応出てみる。
用件がわかれば撃退法は心得ている。オレオレ詐偽も大丈夫だ。
だけど一度やってしまった。

 

出た電話は「不用品買い取ります」「例えば、パソコンや着物買います」だった。
「いえ結構です」と答えていたが、「タンスも買取ますよ」と言われ、心が揺らいだ。
 
父親が使っていたタンスの処分を考えていたからだ。
業者を呼ぼうにも、どこに連絡すれば安全なのか分からない。
子供たちは独立して遠くにいる。夫と2人だけでタンスを運び出し、レンタカーに積むことも難儀だ。

 

そんな時、「買い取ります」とか「見積もり無料」と聞いて、つい家に呼び込んでしまった。
 
若い男2人がやって来た。
 
「これは無理、引き取れないっすよ」で終わればよかったのだが、「今日、ほかの仕事、断って来たんですけど、何か売ってもらわないと困るんですよね」と言い始めた。

 

こちらも急に罪悪感も湧いて、この面倒な時間を早く終わらせたいという心理に陥った。
宝石がないかと催促され、差し出してしまった。
 
4年前、夫が定年の退職金で買ってくれた70万円のネックレスも含まれていた。
男たちが帰った後、気づいたら5000円だけ置いてあった。
 
夕方、再就職先から帰った夫には何も言えなかった。

 

国民生活センターや消費生活センターにはこうした被害に関する相談が寄せられています。
まずは簡単に家に呼んでしまわないように気をつけてください。
 
買取業者さんの選別は注意深く慎重にしましょう。

<日刊ゲンダイ連載「鑑定士のナイショ話」より転載>

 
 
無料鑑定サービスはこちら
(専門家によるアドバイスも受けられます)
 
 

よく読まれている記事
メールフォーム 0120-518-10010:00〜18:00(月~土)10:00〜17:00(日・祝)