骨董・古美術の買取りなら、本郷で40年の実績 本郷骨董美術館

052-571-5145
お問い合わせ

あらゆるジャンルに対応 鑑定・買取

駒井哲郎(こまい てつろう)

プロフィール

1920〜1976年
東京都出身の版画家。

幼稚舎から慶應義塾に通っていたが、10代半ばに版画の技法であるエッチングを学ぶと魅了され、1938年に東京美術学校(現東京藝術大学)に入学する。
油画科を卒業後、1948年に日本版画協会の会員となった駒井は戦後の日本にメジャーとは言えなかった銅版画を広め、ジャンルとして確率させた人物といえるだろう。

1951年、サンパウロ・ビエンナーレにおいて作品「束の間の幻影」が聖日本人賞を受賞。
翌年1952年には前衛芸術集団である「実験工房」に参加。
さらに1953年には資生堂画廊で初の個展を開催し、国内外で活躍の場を広げた。

また、母校である東京藝術大学をはじめとして多摩美術大学などでも講師を務め、後世に銅版画の技術を伝えた。

関連リンク

東京国立近代美術館(作品収蔵)
世田谷美術館(作品収蔵)

関連作家

瀧口修造

駒井哲郎作品をお持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。 お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ    電話番号メール  

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定

メールフォーム

支店一覧

  • 東大赤門前本店
  • 世田谷支店
  • 札幌支店
  • 神戸芦屋支店
  • 九州支店

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定:0120-518-100
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定
  • 合同鑑定会のご案内
  • オークション出品代行
  • テレビで紹介されました。
  • 無料鑑定
  • 代表染谷尚人の鑑定ファイル
  • 会員専用ページ
  • 士業の方へ
  • ブレイク前夜 次世代の芸術家たち
  • TBSラジオ「赤坂鑑定会」
  • 安東弘樹
  • FMヨコハマ吉村民の鑑定日記
  • 本郷美術骨董館のfacebook
  • 探せ!お宝!鑑定ラジオ
  • 藝術集団アートプロ
  • カフェラウンジ ボンアート