骨董・古美術の買取りなら、本郷で30年の実績 本郷骨董美術館

052-571-5145
お問い合わせ

あらゆるジャンルに対応 鑑定・買取

酒井田柿右衛門(さかいだ かきえもん)

プロフィール

江戸時代より続く、佐賀県有田焼の陶芸家の系譜。現代15代目。

1596年に生まれた初代の喜三右衛門が予てから作成していた白磁の染付けに赤絵を用いることに成功し、柿右衛門を名乗る。
濁手と呼ばれる乳白色の素地に、赤を始めとして様々な色を用いて繊細な花鳥図を描く「柿右衛門様式」は海を越えて人気を博す。ヨーロッパのマイセン窯、中国の景徳鎮窯は柿右衛門様式を模倣した作品を残し、世界に柿右衛門の名前を広めることとなった。

初代から四代目までは初期柿右衛門と呼ばれ、作風や技量が変わることなく受け継がれた。
五代目から七代目までは中期柿右衛門と呼ばれ、技量が芳しくなく、ここから濁手の作品が減少し始める。
八代目から十代目までは後期柿右衛門と呼ばれ、染付を中心とし、作品に角福を記すようになる。 近代は濁手を復活させた作品により、国の重要無形文化財に指定される。

関連リンク

酒井田柿右衛門公式HP

関連作家

準備中

酒井田柿右衛門作品をお持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ    電話番号メール  

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定

メールフォーム

支店一覧

  • 東大赤門前本店
  • 世田谷支店
  • 札幌支店
  • 神戸芦屋支店
  • 九州支店

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定:0120-518-100
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定
  • 合同鑑定会のご案内
  • オークション出品代行
  • テレビで紹介されました。
  • 無料鑑定
  • 代表染谷尚人の鑑定ファイル
  • 会員専用ページ
  • 士業の方へ
  • ブレイク前夜 次世代の芸術家たち
  • TBSラジオ「赤坂鑑定会」
  • FMヨコハマ吉村民の鑑定日記
  • 本郷美術骨董館のfacebook
  • 探せ!お宝!鑑定ラジオ
  • 藝術集団アートプロ
  • カフェラウンジ ボンアート