骨董・古美術の買取りなら、本郷で30年の実績 本郷骨董美術館

052-571-5145
お問い合わせ

あらゆるジャンルに対応 鑑定・買取

金重陶陽(かねしげ とうよう)

備前焼の基礎を築いた名工です。

プロフィール

1896〜1967年。
日本の陶芸家。

岡山県の備前の窯元・金重槇三郎の長男として生まれ、幼少時代から父に作陶を学び、関谷焼・虫明焼などの技法を磨く。
胎土の選択、窯の構造の改変、窯入れ、焼成法などについて研究を重ね、桃山期の備前焼の土味を出すことに成功する。

川喜田半泥子、荒川豊蔵、三輪休雪らとに「からひね会」を、石黒宗麿、宇野三吾、加藤唐九郎らと「日本工芸会」設立した。
陶陽は「備前焼中興の祖」と呼ばれるほどの陶工であった上に、多くの弟子達の教育にも熱心に取組み、備前焼を広め次世代へと残す役割を担った。

1956年に人間国宝に認定される。

関連リンク

黒田陶苑(作品取り扱い有)

関連作家

・川喜田半泥子
荒川豊蔵
・三輪休雪
・加藤唐九郎

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定

メールフォーム

支店一覧

  • 東大赤門前本店
  • 世田谷支店
  • 札幌支店
  • 神戸芦屋支店
  • 九州支店

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定:0120-518-100
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定
  • 合同鑑定会のご案内
  • オークション出品代行
  • テレビで紹介されました。
  • 無料鑑定
  • 代表染谷尚人の鑑定ファイル
  • 会員専用ページ
  • 士業の方へ
  • ブレイク前夜 次世代の芸術家たち
  • TBSラジオ「赤坂鑑定会」
  • FMヨコハマ吉村民の鑑定日記
  • 本郷美術骨董館のfacebook
  • 探せ!お宝!鑑定ラジオ
  • 藝術集団アートプロ
  • カフェラウンジ ボンアート