骨董・古美術の買取りなら、本郷で30年の実績 本郷骨董美術館

052-571-5145
お問い合わせ

あらゆるジャンルに対応 鑑定・買取

高島野十郎(たかしま やじゅうろう)

プロフィール

1890~1975年。
日本の画家。福岡県出身。

独学で絵を習得、「生まれたときから散々に染め込まれた思想や習慣を洗い落とせば落とすほど、写実は深くなる。写実の遂及とは、何もかも洗い落として生まれる前の裸になる事、その事である」と、高い精神性でもって写実を一心に追求する。

彼は精密な写実画を描くにあたって、対象の観察に長い時間をかけている。
渓流を描くために奥秩父に赴いた時など、旅館に泊り込んで何日も同じ流れを視つづけたという。
そのため水流が止まり、両岸の岩が流れ始めるような錯覚に陥ったそうである。

また、1枚の絵を仕上げるのに2年の歳月をかけることが常で、
しかもその作品は週刊誌かグラフ雑誌程度の大きさしかないものが多かった。
それを同時並行的に多数の作品に着手し、完成に長い期間を要している。
「雨 法隆寺塔」に至っては、完成に17年もの歳月を費やしているのである。

一点一画までおろそかにせず、研究するように絵を描く。
「花一つを、砂一粒を人間と同物に見る事、神と見る事」のように、彼はすべての物が内包する神性のようなものを描こうとした。
それは対象の真に迫り、その本質を明らかにすることだったのである。

主な作品
「傷を負った自画像」
「雨 法隆寺塔」
「蝋燭」など

関連リンク

福岡県立美術館(作品所蔵)

関連作家

・アルブレヒト・デューラー
・レオナルド・ダ・ヴィンチ

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定

メールフォーム

支店一覧

  • 東大赤門前本店
  • 世田谷支店
  • 札幌支店
  • 神戸芦屋支店
  • 九州支店

選べる買取・鑑定方法

  • 電話鑑定:0120-518-100
  • 写真鑑定
  • 来店鑑定
  • 宅配鑑定
  • 出張鑑定
  • 合同鑑定会のご案内
  • オークション出品代行
  • テレビで紹介されました。
  • 無料鑑定
  • 代表染谷尚人の鑑定ファイル
  • 会員専用ページ
  • 士業の方へ
  • ブレイク前夜 次世代の芸術家たち
  • TBSラジオ「赤坂鑑定会」
  • FMヨコハマ吉村民の鑑定日記
  • 本郷美術骨董館のfacebook
  • 探せ!お宝!鑑定ラジオ
  • 藝術集団アートプロ
  • カフェラウンジ ボンアート